ひとりDiscogs

ニア終活、KO-1個人の蒐集音盤などの整理を目的とした極私的ブログです。

CAMDEN / 日本ビクター株式会社 CL 5058

CAMDEN / 日本ビクター株式会社 CL 5058
V.A.
SINGIN' THE BLUES

レオナード・フェザー編「ブルースの神髄」

f:id:koichi65oba:20191109014006j:plain
A-1:Good Morning Blues (グッド・モーニング・ブルース) - Huddie (Leadbelly) Ledbetter (ハディー・レッドベター)
A-2:Yellow Dog Gal Blues (イエロー・ドッグ・ガル・ブルース) - Lizzie Miles (リッズィ・マイルス)
A-3:Just Another Woman (ジャスト・アナザー・ウーマン) - Oran "Hot Lips" Page (オラン・"ホット・リップス"・ペイジ)
A-4:Why Don't You Da Right (どうしてそんなに) - Lil Green (リル・グリーン)
A-5:Bessie, Bessie, Bessie (ベッシー、ベッシー、ベッシー) - Thomas "Fats" Waller (ファッツ・ウォーラー)
A-6:How Long Blues (ホウ・ロング・ブルース) - Wingy Manone (ウィンギー・マノーン)

f:id:koichi65oba:20191109014021j:plain
B-1:Fifty-Fifty Blues (フィフティ・フィフティ・ブルース) - Louis Armstrong (ルイ・アームストロング)- Jack Teargarden (ジャック・ティーガーデン)
B-2:How Blue Can You Get (ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット) - Johnny Moore's Three Blazers (ジョニー・ムーア)
B-3:Jelly, Jelly (ジェリー、ジェリー) - Billy Ekstine with Earl Hines Orch. (ビリー・エクスタインとアール・ハインズ楽団)
B-4:Walking Slow Behind You (ウォーキング・スロー・ビハインド・ユー) - Jimmy Rushing with Count Bassie Orch. (ジミー・ラッシングとカウント・ベイシー楽団)
B-5:You've Got a Delta With the Blues (ブルースとのあいびき) - Lucy Reed with Charlie Venturas Orch. (ルシー・リードとチャーリー・ヴェンチュラ楽団)
B-6:Mighty Like The Blues (マイティ・ライク・ザ・ブルース) - Hazel Scott with Sextet of The Club of London (ヘイゼル・スコットとリズム・クラブ・オブ・ロンドン六重奏団)

f:id:koichi65oba:20191109014045j:plain

f:id:koichi65oba:20191109014059j:plain

    original : RCA CAMDEN CAL-588 (USA)/CDN.147 (UK) relreased : 1960.
    release:early 1960's? (MADE IN JAPAN 
    Liner Notes : 野口久光

*LPの画像はスキャナーで読み込んだものを貼り合わ合成しているため実物と若干異なることがあります
*アーティスト、曲名等の表記(大・小文字を含め)、レコーディング・データなどはジャケット、レーベル、解説の表記に準じておりますが、誤入力等はご容赦ください。